フリーターの就職

フリーターは都内で一人暮らし出来ますか?どれくらいの収入が必要でしょう?

フリーターさんは大半が実家暮らしですが、なんらかの理由で一人暮らしを始めることもあるでしょう。

都心の企業に就職したい人が気になるテーマの一つに、以下のようなことがありますよね。

『上京して都心の企業に就職したいけれど、フリーターでも都内で一人暮らしできるのかな?』

このページでは、フリーターが東京都の23区内に住めるかどうかを考えてみましょう。

フリーターでもマンションやアパートの審査に通るの?

結論から言うとフリーターでも賃貸物件の審査に通ることは可能です。

ただし、大家によって審査の難度は大きく異なります。フリーターだと不利なのは間違いありません。人気物件だったり審査が厳しい管理会社なら間違いなく落ちますが、なかなか人が入らない物件なら割と簡単に審査が通ります。

目黒区・世田谷区の不動産屋で働いている私の肌感覚なのですが、手取り15万あるフリーターさんなら、家賃が6万5千円程度の物件でも審査を通せるケースがあります。

【裏話】
家賃は収入の3分の1と言われますが、実際は3分の1を超える家賃の物件の審査を通すことも多いです。フリーターさんの場合なら手取りの半分が家賃という方もいます。

もちろん、不動産屋や営業マン次第で変わることはありえます。

フリーター一人暮らしの生活費はどれくらい?

毎月必ず出ていく固定費として、家賃・水道光熱費・通信費・食費・消耗品費などがあります。

世田谷区で一人暮らしをする場合を例に、一人暮らしの生活費を考えてみました。

  • 家賃:6万5千円
  • 水道光熱費(電気・ガス・上下水道):1万円
  • 通信費(スマホ・インターネット):1万円
  • 食費(外食費含):3万円
  • 消耗品費(シャンプー・ティッシュ・トイレットペーパーなど):2千円

絶対に必要な費用が11万7千円です。ここからさらに服を買ったり交際費や娯楽費などが加わります。

フリーターの収入はどれくらい?

フリーターさんが1か月に稼げる金額ってどれくらいでしょう?

時給1000円で月22日8時間勤務なら17万6千円です。厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、フリーターの年収は200万円以下(月16万6千円以下)が多いです。

月17万円の収入があるフリーターさんの場合、国民健康保険や所得税などを引いた手取り額は14万円程度になります。

とりあえず生活することはできます。しかし、日々の生活費に追われてしまうのは間違いありません。将来に備えて貯金することを考えると、手取り20万円は欲しいところです。

フリーターで手取り20万円は厳しい

働く条件によっては、フリーターのままで手取り20万円は可能です。アルバイトを掛け持ちして月に260時間も働けば手取り20万円に届きます。でも、休みなしで朝から晩まで働いて手取り20万ってどうなんでしょう?

それならフリーターのままでいるより、正社員として働いた方が良いと思います。ボーナスや各種手当などがありますから、正社員の収入はフリーターよりも大分高くなります。

収入が上がるとともに、正社員ということで信用されますから、賃貸物件の審査の通りやすさだって全く異なります。『住みたい部屋があっても審査が通らない』なんてことがなくなります。

関連:フリーターと正社員の違いは何?それぞれのメリットについて

ケガや病気をしただけでピンチ、老後はどうしようもない

なんらかの事故でケガをした時には一気にピンチになります。

怪我や病気をすれば収入はゼロになりますから、貯金を切り崩して凌ぐことになります。貯金がなければ家賃を払うことができませんから、生活保護に頼るしかありません。

絶望的なのが老後です。若いうちだと老後なんて言われてもピンとこないと思います。ただし、どれだけヤバいのかは考えてみた方が良いでしょう。

フリーターの収入では貯金はほぼできません。また、フリーターは国民年金なので受給額は月6万円前後となります。

貯金を切り崩すことができないため、どんなに家賃の安いところに住んでもも生活費を賄うことはできません。やはり、生活保護に頼るしかありません。

20代のうちに一度は就職しておくべき

若いうちしかできないことが沢山ありますから、老後のことを考えて20代を犠牲にするくらいなら今を楽しむべきだと思います。しかし、フリーターの一人暮らしはいくらなんでも生活がきつすぎます。

『フリーターの一人暮らしは生活の大半をアルバイトに捧げなければ生きていけない』と言っても過言ではありません。

現在は20代向けのエージェントが登場したこともあり、正社員経験のないフリーターでも20代なら就職できます。これが30歳を越えると一気にきつくなります。

手取り20万円であれば、フリーターより正社員の方が働く時間も短いですから、とりあえず就職して稼ぎを良くすることをお勧めします。

⇒フリーターでも正社員就職が有利になるお勧めの就職支援サービス

-フリーターの就職