奨学金の返済に追われるフリーターがするべきこと

更新日:

奨学金の滞納問題はここ数年で大きな話題となっています。

就職が決まらずに既卒フリーターとなったり、就職したのがブラック企業だったためにすぐ辞めてしまった人にとって、奨学金の返済は切実な問題です。

奨学金の返済に追われて生活苦になり、なかには自己破産してしまう人だっています。

しかし、奨学金の返済に追われている人でも、問題を解決できる現実的な方法があります。このページではその方法について解説していますので、最後までお付き合いください。

フリーターをしながら奨学金の返済を続けるのは厳しい

フリーターとして生活していける人のほとんどが実家暮らしです。フリーターで1人暮らしをするには、生活費をかなり切り詰めなければなりません。

1人暮らしをしているフリーターさんなら分かると思いますが、時給1000円で週5日(月160時間)働いた場合、月の給料は16万円です。所得税や年金・国保を引いた手取り額は12万円程度になります。

月12万円の中から家賃や光熱費、食費、消耗品などの生活費を出していくわけです。貯金なんてほぼ絶望的にできません。

ただでさえ生活費が厳しいのですから、奨学金の返済に毎月1~2万円程度を回すと本当にギリギリの生活になってしまいます。

奨学金の返済に追われている人がすべきこと

なんらかのトラブルで働けなくなると生活が一気に厳しくなります。家賃を削ることはできませんし、もともと切り詰めている生活費のなかから食費などを削るのにも限界があるでしょう。

対策としては以下の3つがあります。

  1. クレジットカードやカードローンなどで奨学金や生活費を補う
  2. 奨学金自体を減額する(or借金を債務整理で減らす)
  3. 正社員になって収入を増やす

1.クレカやローンでお金を借りて一時しのぎする

生活費が補えなくなった時に頼るのはやはりクレカのキャッシング枠や銀行カードローンです。

借金で生活費を補うのはあくまでも一時しのぎです。あまり薦められるものではありませんし、これを読んでいるあなたも出来ればやりたくないでしょう。

参考:フリーターがカードローンの審査に通るポイントとおすすめカードローン

2.奨学金を減額する

奨学金を減額する方法はあります。それが債務整理という借金を減額する法的な手続きです。

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産などの種類がありますが、奨学金機構は任意整理や個人再生でを一切拒否する傾向があります。そのため、奨学金自体を減額できるのは自己破産だけなのが現状です。

奨学金の返済が滞った時点でブラックリスト状態になっていますから、自己破産をして本人がブラックリスト状態になっても大したデメリットではないでしょう。

注意してほしいのが、『奨学金を債務整理すると、連帯保証人が一括で返済しなければならなくなってしまう』ことです。連帯保証人が返済できなければ、連帯保証人も自己破産をするしかなくなってしまいます。

保証人となっている親族も自己破産をすることで、ようやく奨学金を踏み倒すことができます。

引用:奨学金を払わないで済む方法は?奨学金返済で悩んだ時に知りたいこと

奨学金を借りた本人が自己破産するだけなら構いませんが、保証人になった両親や親せきにも迷惑をかけるのは避けたいですよね。

一般的なのは奨学金自体を減額するのではなく、消費者金融やクレジットカードで借りた借金を、任意整理で減額するやり方です。奨学金以外にも借金があるなら、借金解決診断シミュレーターなどの無料診断ツールで借金がいくら減るかを調べてみるのもよいでしょう。

3.正社員になって収入を増やす

根本的な解決方法は給料を増やすことです。20代のうちであれば、すぐに正社員として就職できる可能性が高いです。

『フリーターだから就職するのは難しい』と思っている人も多いですが、20代なら正社員として働ける職場が沢山あります。現在はフリーター専門のエージェントが沢山ありますし、20代なら受け入れたいと思っている優良企業が沢山あります。

エージェントとは、民間の転職支援サービスです。就職先を探している人に対して企業を紹介するだけでなく、履歴書や面接対策まで無料で行ってくれます。

>>フリーターからの就職に有利な人材紹介会社(エージェント)はこちら

20代フリーターにおすすめのエージェント

フリーターから正社員になるために無難かつ確実な方法が『フリーター専門のエージェント』を利用することです。

20代専門で運営しているエージェントはいくつもありますが、その中でも

  • 面接対策・書類対策の評価が高い
  • 紹介する企業へ訪問調査を行いブラック企業を排除している
  • フリーターの就職支援実績が豊富

これらの条件を満たしている人気の3社を紹介します。

就職shop

就職shop公式サイト

就職shopはリクルートが運営するフリーター向けのエージェントです。利用者の9割は20代で、就職決定した方の7割が正社員経験0~1年未満です。登録している企業が圧倒的に多いので、あなたが採用されやすい企業がきっと見つかります。

紹介する企業は、労働環境・職場の雰囲気・教育体制などを担当者が絶対に現場へ足を運んで取材しています。学歴や資格ではなく人柄や意欲を評価して、未経験でも可能性を活かせる企業を紹介してくれます。

書類選考なしで面接へすすめる求人が多いので、履歴書対策に悩まされる心配もありません。営業は全体の約4割で、事務や企画、技術系の職種など、幅広い求人があります。

ジェイック

ジェイック公式サイトへ
20代のフリーターを専門としている人材紹介会社の中でも、営業の仕事に強いのがJAICの特徴です。

経歴不問・社会人経験なしでも正社員になれるという触れ込みの通り、営業研修をしっかりと受けられる「ジェイック営業カレッジ」が高い内定率の理由です。

大学中退者向けの「セカンドカレッジ」や女性向けの「女子カレッジ」も開催しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト

リクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントといえば職歴があって転職活動をする人のみが利用すると思われがちですが、正社員経験のない方も利用可能です。専任のキャリアアドバイザーから企業紹介や書類対策・面接対策を受けることができます。

サポート期間が面談から3カ月なので「よし、転職しよう!」と思ってから登録するのをおすすめします。

-フリーターの就職

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2018 All Rights Reserved.