既卒が採用されやすい企業を見つける方法

投稿日:

『既卒は就職できない』は嘘です。

現在は新卒一括採用の弊害がたくさん指摘されているのですから、企業の人事担当者だって既卒者を採用するメリットをわかっています。

既卒になる理由はさまざまで、就職活動をはじめる時期も人によって異なります。

  • 公務員試験に取り組んでいたが、民間へと切り替えた
  • 体育会系で4年の冬まで取り組んでいた
  • 留学していて、就活のタイミングが遅れてしまった
  • 学費を稼ぐためにアルバイトを優先したため就職活動をする時間がなかった

採用側がきちんと事情を聞いてくれればわかってくれます。

既卒が採用されやすい企業は?

既卒が採用されやすいのは、既卒を積極的に採用している企業です。

「え?当たり前だろ?何言ってんだ?」と言われてしまいますが、意外と見落としてがちです。

既卒になってからも新卒枠で就活している人は多いですし、「受かればどこでもいいから」と片っ端から応募している人も少なくありません。

もちろん新卒枠の就活を続けるのもよいですが、既卒採用している会社の中にだって優良企業はあります。

『既卒を積極的に採用している企業を見極めて応募する』ことこそ内定への近道です。

企業が既卒を積極的に採用している理由

企業にも、新卒よりも既卒を積極的に採用するメリットはあります。

  • 内定辞退のリスクが低い
  • 入社までの期間が短い
  • 採用コストが安くなる

既卒者は内定を辞退する可能性が低いですし、すぐに働き始めてくれるので採用活動が短くなります。

新卒採用では内定を出した学生がライバル企業に就職する可能性も低いため、採用コストも安くおさえられます。

だからこそ内定を出しやすいわけです。

既卒に強いエージェントを利用して情報収集する

既卒採用に積極的かどうかを1人で確認するのは難易度が高いです。既卒採用している会社を見つける方法としておすすめなのが、エージェントを利用する方法です。

一人での企業研究には限界がありますから、社風や労働環境を実際に足で確認しているエージェントから聞いた方がよいでしょう。

「志望動機が全然書けない」
「書類選考で落ちてしまうので何をしたらいいかわからない」
「応募する企業ごとの模擬面接をしてほしい」

こんな人にもおすすめします。

既卒におすすめのエージェント

20代フリーターにおすすめの転職エージェント

フリーターから正社員になるために無難かつ確実な方法が『フリーター専門のエージェント』を利用することです。

20代専門で運営しているエージェントはいくつもありますが、その中でも

  • 面接対策・書類対策の評価が高い
  • 紹介する企業へ訪問調査を行いブラック企業を排除している
  • フリーターの就職支援実績が豊富

これらの条件を満たしている人気の3社を紹介します。

就職shop

就職shop公式サイト

就職shopはリクルートが運営するフリーター向けのエージェントです。利用者の9割は20代で、就職決定した方の7割が正社員経験0~1年未満です。登録している企業が圧倒的に多いので、あなたが採用されやすい企業がきっと見つかります。

紹介する企業は、労働環境・職場の雰囲気・教育体制などを担当者が絶対に現場へ足を運んで取材しています。学歴や資格ではなく人柄や意欲を評価して、未経験でも可能性を活かせる企業を紹介してくれます。

書類選考なしで面接へすすめる求人が多いので、履歴書対策に悩まされる心配もありません。営業は全体の約4割で、事務や企画、技術系の職種など、幅広い求人があります。

ジェイック

ジェイック公式サイトへ
20代のフリーターを専門としている人材紹介会社の中でも、営業の仕事に強いのがJAICの特徴です。

経歴不問・社会人経験なしでも正社員になれるという触れ込みの通り、営業研修をしっかりと受けられる「ジェイック営業カレッジ」が高い内定率の理由です。

大学中退者向けの「セカンドカレッジ」や女性向けの「女子カレッジ」も開催しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト

リクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントといえば職歴があって転職活動をする人のみが利用すると思われがちですが、正社員経験のない方も利用可能です。専任のキャリアアドバイザーから企業紹介や書類対策・面接対策を受けることができます。

サポート期間が面談から3カ月なので「よし、転職しよう!」と思ってから登録するのをおすすめします。

-既卒の就職

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2018 All Rights Reserved.