フリーターの就職

20代後半で2倍の格差になることも!フリーターと正社員の年収の違い

2016/08/02

よくフリーターと正社員の格差が話題になっていますよね。

でも、具体的にフリーターと正社員の年収の違いはどれくらいあるのでしょう?

国税庁の民間給与実態統計調査結果や一般的な時給相場から調べてみました。

フリーターの年収は

フリーターの年収は時給で決まります。時給には地域差がありますから、時給800円から1000円までで計算してみました。

ボーナスがあるところは滅多にないので、週40時間・月160時間労働とします。

時給800円の場合

週給:32000円
月給:12万8000円
年収:153万6000円

時給900円の場合

週給:36000円
月給:14万4000円
年収:172万8000円

時給1000円の場合

週給:40000円
月給:16万円
年収:192万円

民間企業で働く人の平均年収

国税庁の民間給与実態統計調査結果によると、10代から30代の平均年収は以下の通りでした。

10代から30代の平均年収
男性
女性
35~39歳
502万円
293万円
30~34歳
446万円
301万円
25~29歳
378万円
297万円
20~24歳
265万円
231万円
19歳以下
157万円
104万円

国税庁 平成26年民間給与実態統計調査結果より
https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/minkan/top.htm

この表では『民間の事業所に勤務している給与所得者』を対象としています。自営業者・公務員・無職の方は入っていません。

参考までに『月給20万円、ボーナス年2回で1ヶ月分』の場合は年収280万円『月給25万円でボーナスなし』の場合は年収300万円となります。

正社員とフリーターの平均年収の違いは?

独立行政法人労働政策研究・研修機構の集計によると、大卒男性で25歳~29歳の正社員の平均年収は約350万円、フリーターの平均年収は約150万円です。

40歳~44歳の正社員の平均年収は約650万円、フリーターの平均年収が約200万円です。

20代後半で2倍の格差、40代では3倍ともなります。正社員は給与以外にも福利厚生を受けていますから、格差は数字以上に大きいです。

生涯年収は1億円違う

前述の通り、時給900円で働くフリーターの月収は14万4000円程度、年収は172万8000円程度です。
年収で172万8000円で38年働いたとすれば、フリーターの生涯賃金は約6566万4千円ということになります。

一方、正社員として定年退職(60歳)まで働いた人の生涯賃金は1億5千万円~2億5千万円程度です。

学歴別の生涯賃金
男性
女性
大学・大学院卒
2億5,440万円
1億9,750万円
高専・短大卒
2億370万円
1億5,800万円
高卒
1億9,240万円
1億2,550万円
中卒
1億7,300万円
1億1,090万円

※60歳まで・退職金を含めない

労働政策研究・研修機構『ユースフル労働統計 2014』より
http://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/index.html

全世代の平均年収は正社員が500万円程度ですので、32年間働くと1億6千万円です。

日本経団連調査によると、企業は正社員に対して福利厚生費(社会保険の会社負担分や家賃補助など)を月平均10万円以上払っていますから、事実上は1億円以上の格差があります。

実際には時給1500円のアルバイトもありますし、週6で10時間以上働くフリーターさんもいますから一概には言えません。

しかし、ここまで大きな格差があるということは知っておいても良いのではないでしょうか。

フリーターでも正社員就職が有利になるお勧めの就職支援サービス

スポンサードリンク

-フリーターの就職