フリーターと正社員の能力差はどれくらいなのでしょう?

一度フリーターになってしまうと正社員になるのは結構大変です。『フリーターから正社員になる確率』のように、フリーターの期間が3年を超えると正社員に戻れる確率が50%を切るというデータもあります。

フリーターから正社員になるのは何で大変なのでしょうか?フリーターと正社員には、どういった差があるのでしょうか?

フリーターが正社員になりにくい理由は何でしょうか?

一つは近年のIT化などで人件費が削られていることです。一昔前と比べて経理などは何十分の一というコストに抑えられました。

現在、働いている人のほぼ3人に1人はバイトやパート、契約社員です。ここ10年間で正社員を雇う企業が少なくなり、人件費を圧縮するために非正規雇用が多くなっています。

もう一つがビジネス能力の格差です。正社員として働いている期間が長い人と、フリーターとして働いている人では商売に関する知識や能力が大きな差になってしまっているのです。

フリーターと正社員の能力に大きな違いがあるわけではない

新卒から正社員であった人とフリーターでは、ある程度の差がついているのは確かです。

だからといって「正社員に応募しても差別されて受からないのでは・・・」と考えた所で始まりません。確かにフリーターについてネガティブに考えている企業もありますが、7割程度の会社はこだわっていません。

書類選考にさえ通れば、企業はあなたを採用するつもりで面接へ呼んでいます。会ってみて熱心ならむしろ積極的に採用しているのです。

関連記事:フリーターだから正社員の採用面接で受からない?

能力の差だって20代ならそんなに大きな差ではありません。20代で大きな仕事を任せる会社は少ないですし、ビジネスマナーやビジネスソフトの使い慣れについてはすぐに追いつくことができます。

大切なのは企業の求めるスキルとのマッチング

『フリーターだから能力が低いわけではない』なんてことは、企業の採用担当者も分かっています。

大事なのは、企業側が求める人材像とあなたが持っている能力が合っているかどうかです。

「フリーター経験しかない」と考えず、「なりたい自分」をイメージして就職活動に臨んでください。

まだ就職活動の段取りが決まっていない方に
おすすめしたいサイト

これから就職活動を始めようとしている方、どのように就職活動を勧めるか決まっていない方に、当サイトがおすすめする就職情報サービスを紹介します。

就職活動はどれだけ自分に合った情報に触れられるかが大切です。

まずは求人サイトに登録して求人情報を見つつ、口コミ情報サイトに登録して気になる会社の情報収集をするのがお勧めです。

DODA

業界最大級の求人数を誇るのがDODAです。DODAが抱えている求人の80以上が非公開求人であり、それまでの就職活動では見かけなかった企業を見つけることができます。

相談のみ・セミナーなどのイベント参加のための登録もOKです。キャリアコンサルタントが面接での答えにくい質問の攻略法など、個人個人にあった提案をしてくれます。

>>DODA公式サイトへ

キャリコネ(口コミ情報サイト)

企業発信の情報には「良いこと」しか書いてありません。就職活動で失敗しないためには、リアルな口コミを調べることが大切です。

キャリコネでは「応募理由、応募準備、面接官に質問と回答」などの面接レポートが見られたり、面接では聞きにくい残業時間や休日出勤に関することを調べることができます。

-ニュース