前科や前歴(逮捕歴)は就職活動に影響するのでしょうか?

更新日:

「逮捕されて有罪になってしまった。前科があるけど就職活動に影響ある?」
「前歴(逮捕歴)があるけど、就職活動にどう影響するのだろう?」

こんな質問にお答えします。

前科・前歴(逮捕歴)ともに影響しない

基本的に、前科や前歴(逮捕歴)が就職活動に影響することはありません。一般企業が前歴や前科を確認することは不可能だからです。

本人による申告さえなければ一切わかりません。

逮捕歴があったとしても不起訴処分となっていれば就職活動への影響はありません。安心して面接へ行ってください。

※前科や前歴を警察庁や市区町村役場で確認することはできません。たとえ本人が「自分の前科を確認したい」と言っても教えてくれません。

ニュースで実名報道あった場合は?

前歴・前科のどちらについても、ニュースで実名報道あった場合は影響があります。インターネットで名前を検索すれば過去のニュースが出てくるからです。

google検索から削除依頼することもできますが、インターネットに残っている情報全てを削除するのは非常に難しいです。

信用情報機関に問い合わせればわかるのでは?

「CICなどの信用情報機関なら分かるのでは?」という質問を頂きました。

CICは金融事故情報が掲載されている機関なので、逮捕歴や前科はわかりません。クレジットカードの支払いを滞納したり、自己破産した場合に掲載されます。

そもそも、一般企業が採用活動のために信用情報機関の個人情報を参照すること自体ができません。

20代フリーターにおすすめの転職エージェント

フリーターから正社員になるために無難かつ確実な方法が『フリーター専門のエージェント』を利用することです。

20代専門で運営しているエージェントはいくつもありますが、その中でも

  • 面接対策・書類対策の評価が高い
  • 紹介する企業へ訪問調査を行いブラック企業を排除している
  • フリーターの就職支援実績が豊富

これらの条件を満たしている人気の3社を紹介します。

就職shop

就職shop公式サイト

就職shopはリクルートが運営するフリーター向けのエージェントです。利用者の9割は20代で、就職決定した方の7割が正社員経験0~1年未満です。登録している企業が圧倒的に多いので、あなたが採用されやすい企業がきっと見つかります。

紹介する企業は、労働環境・職場の雰囲気・教育体制などを担当者が絶対に現場へ足を運んで取材しています。学歴や資格ではなく人柄や意欲を評価して、未経験でも可能性を活かせる企業を紹介してくれます。

書類選考なしで面接へすすめる求人が多いので、履歴書対策に悩まされる心配もありません。営業は全体の約4割で、事務や企画、技術系の職種など、幅広い求人があります。

ジェイック

ジェイック公式サイトへ
20代のフリーターを専門としている人材紹介会社の中でも、営業の仕事に強いのがJAICの特徴です。

経歴不問・社会人経験なしでも正社員になれるという触れ込みの通り、営業研修をしっかりと受けられる「ジェイック営業カレッジ」が高い内定率の理由です。

大学中退者向けの「セカンドカレッジ」や女性向けの「女子カレッジ」も開催しています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイト

リクルートキャリアが運営する業界最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントといえば職歴があって転職活動をする人のみが利用すると思われがちですが、正社員経験のない方も利用可能です。専任のキャリアアドバイザーから企業紹介や書類対策・面接対策を受けることができます。

サポート期間が面談から3カ月なので「よし、転職しよう!」と思ってから登録するのをおすすめします。

-ニュース

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2018 All Rights Reserved.