公務員浪人から民間就職を目指す人が注意すべきことは?

公務員への道を諦めていざ民間へ進もうと思っても、一般企業への就職活動をどのように進めたらいいか分からないという悩みがありますよね。

公務員浪人からの民間就職は、既卒就職の中でもかなり厳しい部類に入ります。しかし、就職すること自体は十分に可能です。

このページは公務員浪人からの民間就職について解説していますので、最後までお付き合いください。

既卒職歴なしからの就職活動

公務員への就職を諦めて、民間企業を目指す場合は「既卒の就職活動」となります。

就職できる会社が新卒よりも狭くなることを覚悟しなければいけません。しかし、新卒チケットがないだけで、就職できないわけではありません。

一般的に、既卒となった方の正社員内定率は30~50%程度と言われています。マイナビ既卒者の就職活動に関する調査によると、2016年度の既卒内定率は45.0%でした。

新卒の内定率が70~80%程度なのを考えても、既卒の内定率はかなり厳しい印象を受けますよね。

エージェントを利用する人に限っていえば80%を超える内定率がありますので、あまり悲観的になることはありません。

既卒就職に関してはこちらもご覧ください。⇒既卒の就職

新卒チケットがなければブラック企業しかない?

公務員浪人から一般企業へ方針転換をしたとしても、なんとか避けたいのがブラック企業への就職です。

新卒チケットを失うと大手企業に入れる可能性が低くなるので、中小企業を当たっていくことになります。しかし、中小企業を中心に就職活動を進めていくと、どうしてもブラック色の強い企業に当たってしまいがちです。

公務員浪人をしていたからといっても、ブラック企業しか残っていないわけではありません。

既卒の就活方法には様々なものがありますが、中でも利用者の内定率80.4%、利用者の就職先の51%が上場企業という「ハタラクティブ」はオススメの一つです。

ハタラクティブについて詳しくみる

空白期間を何と言えばよい?

大学卒業してからの空白期間は消せません。

アルバイトをしていたとしても正社員からの転職ではなく、フリーターとして就職活動をすることになります。

ここで迷うのが『面接の際に公務員浪人の話をするかどうか』ですよね。

これに関しては公務員勉強をしていたことを素直に話すのが良いでしょう。人事担当者の気分を損ねるようなことではありませんし、公務員を目指した理由とともに、なぜ一般企業への方針転換をしたのか伝えます。

例:「~~のために公務員を目指していましたが、必ずしも公務員でなくても良いと思い御社を志望しました」

志望動機や面接対策は一人で考えてもなかなか上手くいきません。迷った時にはエージェントを利用することをお勧めします。

『民間』という言葉に注意する

一般企業に就職するという方針転換をした以上、志望動機を考えている時に思いついてしまうのが「民間」という言葉です。

「最近の若者は」という言葉を若者が使わないのと同様に、「民間」という言葉を民間企業の人間は使いません。民間という言葉を使うのは役人の立場です。

公務員浪人を長く続けていると「すでに公務員の気分になっている」という人が多いこともあり、面接官から「ああ、この人は役人気分なんだな」と思われる可能性があります。

また、公務員を目指してしていたことを話すのは良いのですが、一般企業に入社して社会経験を積んでから公務員試験を再び目指そうという場合も、あまり言わない方が良いでしょう。

民間就職は早ければ早い方が有利

公務員の年齢制限ギリギリまで浪人を続けてから就職活動を始めるのは結構厳しいです。既卒向けのエージェントも「20代まで」という年齢制限を設けていますが、それは『30代になると就職できなくなる』ということの裏返しです。

民間就職を目指す元・公務員志望者が登録すべきエージェント

-既卒の就職