正社員になりたいフリーター女性はどうするべきでしょうか?

更新日:

現在フリーターをしている女性の中には『本当は正社員になりたいけど色々と悩むことがあって就職活動の一歩を踏み出せない』という方が多いです。

「将来は結婚するから」という昔ながらの考えがあるとはいえ、自分の将来に漠然と不安を感じながらアルバイト生活を送ってしまうのは考えものです。

就職活動に迷っているフリーター女性はどうするべきなのか考えてみましょう。

引け目を感じるなら正社員になるべき

まわりの友達が正社員だったり公務員だということで引け目を感じるなら、迷わず正社員を目指すべきです。

引け目を感じながらでは友達付き合いすら上手く行かず、50歳を過ぎるころには孤独な人生を歩むことになりかねません。

年齢が上がれば上がるほど正社員になるチャンスは減っていきます。「本当は正社員になりたいけれど、能力に自信がないから・・・」というのであれば、まずは派遣社員という働き方でも良いでしょう。

結婚するから別に正社員でなくても良い?

結婚するから正社員でなくても良い」という考えって昔からありますよね。

女は結婚して主婦になるのだから、正社員になろうがなるまいがどっちでも良いという考え自体は否定しませんが、ちょっと危険なのが「離婚できない」ということです。

子供が独立したあとも夫婦仲は良くないけれど、夫の経済力に頼っているために年金をもらうまでは離婚しにくいという問題があるのです。

現在の熟年離婚の多さを見ればいかに離婚が難しいかが分かるでしょう。(離婚後に生活費を元夫に請求することはできますが、それは面倒なんですよね・・・)

フリーター女性と正社員男性が結婚するのは難しい

正社員の男性が出会いを見つける場の多くは社内恋愛などの会社繋がりで、そこから発展して結婚に至ることが多いです。

販売や飲食業であれば正社員とアルバイトが結婚するケースはありますが、あなたはバイト先の社員と結婚したいでしょうか?

一般的に小売業や飲食業に従事する人の収入は決して高くありません。旦那さんの収入が低ければ「結婚して主婦になるから働かないでも良い」とはならないですよね。結婚してからも働き続けなければなりません。

婚活パーティーでさえ格差があります。フリーター女性は婚活パーティーでも人気が低く、キャリアのある女性の方に人気が集中します。フリーター女性と正社員男性が結婚するケースは少なく、フリーターと結婚するのはフリーターというケースが多いです。

「結婚して主婦になるから」という理由であれば、ダンナ探しのためにも正社員になっておいた方が良いでしょう

そもそも結婚できない場合も

結婚後は働かないために男性に経済力を求めすぎるあまり、結果として結婚できないケースなんて多々あります。婚活パーティーに参加する40代女性が「結婚相手が年収1000万円以下なんてありえない」と発言していて笑いのネタとされているのは、あなたもご存知でしょう。

女性が交際したいと思うような容姿で年収も高ければ間違いなくモテます。そんな男性から交際を求められるような女性は決して多くありません。

厚生労働省のデータを見ていても生涯未婚率は上がっていることがわかります。

生涯未婚率とは「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したものです。女性の未婚率は1990年には4.33%でしたが、2000年には5.82%に、2010年では10.61%になっています。

将来は結婚するから正社員にならなくても大丈夫』という考えは非常に危険なんです。あなたが絶世の美人なら別ですがね。

女性向けの就職サービスを使いましょう

そんなわけで、正社員を目指す女性向けの就職サービスを紹介します。

とらばーゆ

「とらばーゆ」はリクルートが運営する女性のための転職サイトです。

ファッション業界やインテリア業界などの女性に人気の業界や職種が豊富なことはもちろん、適職診断などの無料コンテンツも充実しています。

最大の特徴は、とらばーゆに求人広告を出している企業は「女性を採用したい」と思っていることです。他の転職サイトに掲載されてない求人もありますから、まずはここを見て探すのが良いでしょう。

女子カレッジ 【JAIC】

転職エージェントJAICが運営している女子カレッジは、女性が活躍できる優良企業を紹介することで就職後の定着率94.3%という数字を残しています。

専任講師が指導をするセミナーを無料で受講できる他、書類選考なしで15社の経営層と直接面談できる面接会などが魅力です。

全国各地で就職講座を展開しているので、未経験から正社員を目指す20代女性にオススメです。

リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングは、リクルートが運営する派遣専門サイトです。

紹介予定派遣で正社員を目指すならこちらをおすすめします。

一定の条件を満たせばリクルート健康保険組合への加入ができるなど、リクルートグループらしい福利厚生もあります。

>>リクルートスタッフィング公式サイトへ

 

悩むのは自由ですが、決断は早い方がいいですよね。あっという間に年を取ってしまうのですから。

関連:フリーターでも正社員就職が有利になるお勧めの就職支援サービス

-フリーターの就職

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2017 All Rights Reserved.