フリーターだから正社員の採用面接で受からない?

正社員の採用試験に臨んでも面接で落ちまくるフリーターさんは少なくありません。中には30社・50社と面接を受けても断られてしまうかたもいます。

面接に呼ばれながらも「フリーターだから受からない」と悩んでいる方に知ってほしいことがあります。

書類選考を通せばだいたい採用するつもりで面接へ呼ぶ

中途採用の場合、書類選考が通れば採用するつもりで面接へ呼んでいます。

書類を送ったのに書類選考されることなく面接が行われる場合もありますけどね。

そもそも、企業はなぜ書類選考を行っているのでしょうか?それは、出来るだけ採用コストを減らしたいからです。

企業の採用担当者だって給料が発生していますから、応募してきた人を全員を面接するわけではありません。200人が応募をしてきて全員を1時間ずつ面接していたら、それだけ1ヶ月以上かかってしまいます。これでは、通常の業務をこなすことはできませんよね。

通常業務をこなしながら採用業務を行うわけですから、企業にとって採用の手間を減らすことはとても大切なのです。

つまり、書類選考で通す人=採用する可能性がある人です。

なぜ面接で受からないの?

フリーターだから受からないのではなく、面接がダメだから受からないのです。

そして30社以上を受けて1社も受からないなら、おそらく面接での対応に問題があります。

面接は人事担当者とのコミュニケーションが大切だからです。あなたを採用したら会社がどうなるかが大切ですから、あなたのことを知りたいと思っています。

あなたと働きたいと思わせられれば採用される可能性は高いですし、あなたと一緒に働きたくないと思われれば不採用となります。

あなたが人事担当者なら何を求めますか?

人事担当者が知りたいことは何でしょうか?

  • 志望動機
  • 前職の退職理由
  • あなたの長所
  • 自社に対する質問

定番なのはこういったことです。しっかり答えられるように練習しておく必要はあります。

しかし、注意すべき点は面接官は模範解答なんて求めていないということです。志望動機や前職の退職理由なんて履歴書に書いてありますから、同じことを話されたってしょうがないのです。

面接官が見たいのはあなたの見た目や立ち振る舞い、話し方、質問に対するリアクションを見たいのです。履歴書に書いてあるだけでは分からない生の情報を求めています。

学校が教えてくれる模範的的な新卒採用テクニックなんて役に立ちません。面接で人間性を感じられないような受け答えをされても、人事担当者が知りたいことは伝わらないんですよ。

たまに圧迫面接されてコミュニケーションが取れなくなることがあるかもしれませんが、そんな採用者の下で働くと苦労しますから、気分を切り替えて他の企業へ目を向けましょう。

じゃあ、どうすればいいの?

大切なのは自分に自信を持って面接で話しをしていくことです。面接官だって人間なんです。教科書に書いてある通りの受け答えしかできないロボットと一緒に仕事をすることはできません。

あなた自身の言葉で話して、リラックスした自分自身を見てもらいましょう。

どうしても面接での振る舞いがわからなければ、フリーターからの就職に有利な人材紹介会社を利用することをお勧めします。面接対策はもちろん、履歴書や職務経歴書の書き方についても無料で指導してくれます。

-フリーターの面接対策