志望動機や自己PRって何答えればいいの?

更新日:

本当は志望動機なんて何でも良い

履歴書や面接の志望動機を重視する人なんていません。

  • その仕事がやりたかった
  • その会社でなければいけなかった

そんなわけありませんよね。

フリーターを採用しようとしている会社の面接官だってなのは分かっています。

じゃあ何で志望動機を聞くの?

面接官には採用するかどうかの判断材料が必要だからです。たとえ嘘でも貴方のPR内容で貴方を判断するしかありません。

どうして応募したのかを説明する義務が貴方にはあるのです。

志望動機はどう答えれば良いのでしょう

志望動機はその業務をやりたい具体的な理由を伝えましょう。営業職なら営業をやりたい理由、経理なら経理をやりたい理由です。

その会社でなければいけない理由は伝えなくても良いでしょう。

dousitetoushawo

面接官も応募者が他にも受けていることは知っています。

嘘付いてもいいの?

「何ができるか」は自己申告なので本当かどうかはわかりません。

顧客に対してその場凌ぎの嘘を言える人間は企業にとって大きな戦力になります。特に営業職なら強い武器になります。

しかし、入社後のミスマッチに繋がりあなた自身が困る可能性があるので、ウソは控えめにした方が良いですね。

自己PRについて

中途採用は「何ができるか」が大切です。ですから自己PRで『会社にとってどういうメリットがあるか』を話すことが大切です。

でも、長年フリーターをしていると「アピールできるスキルなんてない」という状態になってしまいますよね。

アピールできることがなければ自己PRはできません。

アピールポイントがなければ

もし何一つアピールポイントがなければ作るしかありません。

リクナビNEXTのグッドポイント診断や、とらばーゆの「ガス抜きしながらPR」「好きなこと言ってPR」を利用しても良いと思います。

今のアルバイト先で入社後に役立ちそうな経験を作ったり、資格を取るのもよいでしょう。ウェブ関係の仕事なら自分で一つウェブサイトを作るのも良いです。

会社に活かせる能力のない人は、「誰でもいいから採用する」という会社でもない限り採用されません。まずは自分の武器を作るところから始めましょう。

20代フリーターにおすすめのエージェント

フリーターから正社員になるために無難かつ確実な方法が『フリーター専門のエージェント』を利用することです。

20代専門で運営しているエージェントはいくつもありますが、その中でも

  • 面接対策・書類対策の評価が高い
  • 紹介する企業へ訪問調査を行いブラック企業を排除している
  • フリーターの就職支援実績が豊富

これらの条件を満たしている人気の3社を紹介します。

就職shop

就職shopはリクルートが運営するフリーター向けのエージェントです。

書類選考なしで面接へすすめる求人も多いため、履歴書対策に悩まされる心配もありません。学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業を紹介してくれます。

営業は全体の約4割で、事務や企画、技術系の職種など、幅広い求人があります。

ハタラクティブ

利用する人の9割が20代、そのうち半数は正社員経験なしという20代フリーター専門の人材紹介会社です。

対応エリアは首都圏のみ(東京・神奈川・埼玉・千葉)ですが、それだけに企業との繋がりも強く、ハタラクティブにしか求人を出していない企業も多いです。

1,000件以上ある未経験OKの求人のなかで9割は社内研修があるので、仕事への不安がある人でも安心して長く続けられます。

様々な職種を扱っており、営業職は求人全体の3割です。営業以外の職種(事務職や広報など)を探している方におすすめです。

いい就職.com

いい就職.comは日本で初めて既卒者や第二新卒者に特化したエージェントです。 就職個別相談はもちろん、自己アピールセミナー・ビジネスマナーセミナーなどを無料で受講することができます。

-フリーターの面接対策

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2017 All Rights Reserved.