既卒の就職

既卒でパートをしている方が正社員になるには?

2016/12/16

高校や大学を卒業するまでに内定を得られず既卒になった方は少なくありません。

「既卒になったら正社員への就職は無理」と思いこんで卒業後に就職を諦めてしまう方が非常に多いです。

就職を諦めた結果、長年のパート生活・フリーター生活に突入してしまうんですね。なかにはパートからの正社員登用制度を狙っている方もいますが、現実はやはり厳しいようです。

当たり前ですが、『既卒になったら就職できない』なんてありえません。実際に就職して正社員として活躍している方は沢山います。

既卒が不利と言われる理由

新卒に比べれば既卒は不利です。これは間違いない事実ですが、だからといって既卒が就職できないなんてです。

新卒という立場にいると気づきにくいですが、新卒が有利なのは新卒カードが異常に強いからというだけなのです。学生時代の4年間を就職に関して一生懸命取り組む人なんて決して多くありません。

それでも多くの人が新卒で就職できるのは、新卒一括採用という制度があるためなのです。

言い換えれば『既卒が不利なのは新卒カードが異常に強いから』なんですよ。

既卒になっても就職を諦める必要はない

大学中退や高校中退であろうと正社員になっている方が沢山いるんです。既卒が就職できないわけがありません。

もちろん新卒でなければ採用されない企業もありますが、少なくとも中小企業ですら相手にされないなんてことはありません。

「その若さがあって就職諦めるなんて勿体ないからうちに面接にきてくれ!」という企業なんて山ほどあります。

ただし、新卒に比べて既卒が不利なのは間違いありませんから、正社員になるためには何らかの作戦を持って取り組まなければいけません。

新卒扱いという建前はあるけれど・・・

現在、既卒者は卒業から3年目までは新卒と同等に扱われるという建前があります。

建前はあるのですが、実際に企業の採用担当者から見たら新卒と同等のイメージは持たれません。同じような能力なら少しでも若い新卒を採用した方が良いですよね。

新卒枠への応募だけでなく、中途採用枠にも応募することをお勧めします。

パートからの正社員登用がオススメできない理由

既卒になって就職を諦めてしまい、長年のパート生活を送ってしまう方は沢山います。

中には正社員登用を狙っている方もいますが、既卒がパートから正社員になるのはあまり現実的ではありません。

飲食店や販売などのパートをしている方が、正社員となった後に店長として活躍するケースはあります。スタバやロフトなどの大手でも非正規雇用者を正規雇用にする流れもでてきました。

しかし、多くの企業ではパートから正社員へのステップアップは滅多にありません。

正社員登用制度のある会社は、最低でも1年~2年以上の勤務があって初めて登用のチャンスが訪れる可能性が出てきます。

注意しておきたいのが、正社員登用の可能性があるだけということです。正社員登用されるのは、本人が優秀だということに加えて正社員が足りないという運の要素が強いです。

正社員が欲しければ最初から正社員として募集しています。パートを募集しているのは、パートとして働いてくれる人材を欲しいからなのです。

既卒がパート先の会社で正社員になるのは、通常はありえないと考えた方が賢明でしょう。

>>既卒フリーターにお勧めの就職活動の仕方

-既卒の就職