ジェイック営業カレッジのデメリット

2chやツイッターなどで口コミを見ているとジェイック営業カレッジの悪い点が気になりますよね。

ここでは、ジェイック営業カレッジのデメリットについて説明します。

>>ジェイック営業カレッジの無料説明会はこちら

ブラック色の強そうな企業も紹介される

もっとも気になるのが「ジェイックを利用してもブラック企業に出会ってしまう可能性はある」ということですよね。

ジェイックの集団面接会にくる企業の中には、体育会系だったりちょっとブラック色が濃そうな企業もきます。

一定の基準でブラック企業を除外しているとはいえ、この辺は仕方ないと割り切りましょう。ブラックかどうかは集団面接会で分かりますし、内定が出ても辞退すればいいだけです。

集団面接で微妙だと感じたら×を付けてください。三択で無難だから○を付けると、後になって内定が断りづらくなるほどに説得されます。

集団面接で目を引くのは落ち着いているホワイト企業です。東証一部に上場している会社のグループ会社もジェイックを利用しています。優良企業と書類選考なしで集団面接会に参加に臨めるというのは間違いではありません。

スケジュール調整が大変

フリーターをしている人にとって、もっとも大変なのがジェイック営業カレッジに参加するためのスケジュール調整だと思います。

10日間の研修は平日の朝9時半から夕方4時半まで行われますから、平日にアルバイトをしているフリーターさんがスケジュールを組むのは大変です。

普段しているアルバイトのシフトを午後6時以降のみとしたり、土日だけにしてもらう必要はあります。

参加費無料でもお金はかかる

参加費は無料ですが、交通費や懇談会、日経新聞代などで1万円程度はかかります。

通常は30万円~50万円ほど払わなければ受講できない企業向けの研修プログラムを、1万円程度で受けられるのはメリットではあります。

なお、ジェイック営業カレッジを途中で辞めたからといって罰金を取られることはありません。(集団面接会に参加することはできなくなります)

一人でも頑張れると確信して抜けるのも一つの手です。

自ら辞退する人もいますし、ある日突然来なくなる人だっています。参加したら必ず最後までやらなければいけないものではないのですから、合わないと感じたら辞めればいいんですよ。

まとめ

ブラック色が強そうな企業は集団面接会で自ら除外してしまえば良いだけですが、問題は参加費やスケジュール調整などの経済的なことですよね。

この点は無料説明会や個別のカウンセリングで相談に乗ってくれます。まずは無料説明会に参加して、キャリアコンサルタントと話してみることをおすすめします。

>>ジェイック営業カレッジの無料説明会はこちらから

-ジェイック