石の上にも三年?3年以内に辞めると転職が不利になる説は嘘

更新日:

『石の上にも三年』って昔から本当によく言われる言葉ですよね。

冷たい石の上でも3年も座っていれば温かくなることから転じて、『辛いことでも我慢して続けていれば報われる』という意味です。

会社で働くことも三年間が一つの目安とされているので「とりあえず3年続ける」「3年は我慢する」と言ってる会社員は沢山います。

確かに三年は区切りの良い期間ですが、肝心なのはその中身です。「とりあえず3年」という考えで漫然と過ごしても転職時には役に立ちません。年数よりも何をしたかが大切です。

3年以内に辞めると転職が不利になる説

社長も部長も課長も先輩も同期も「石の上にも三年」と言う根拠が『3年以内に辞めると転職が不利になる説』でしょう。

転職を考えた時に最も不安になるのがこれですよね。

結論から言うと、職歴が短いからといって直ちにマイナスに捉えられることはありません。

大切なのは、これから自分がどう進みたいと考えているかです。

「とりあえず3年」と言う人の多くが「3年経ったらどうするか」を考えていません。それに比べれば、早めに見切りを付けて次に進んだ人の方がずっと成長の可能性があります。

そもそも、冷たい石に3年座ったところで冷たい石は冷たい石のままです。

むしろ3年も冷たい石に座っていたら体が壊れてしまいます。石の上に座っていた達磨大師は「手足が腐ってしまった」という強烈なデメリットを抱えて悟りを開いたのです。

慣れたということは、身体の一部が壊れてしまったという可能性が高いんですよ。

給与を上げるのは業界と会社選び

小売や外食業界で何年働いても、業界内の給与相場を出ることはありません。

確かにスキルは身に付くでしょう。しかし、スキルアップしたところで給与が上がるとは限りません。

給与を上げるのはスキルアップではなくて業界選びと会社選びです。

アルバイトから正社員登用を目指す「石の上にも三年」は最悪

正社員登用制度が活発な会社なら、アルバイトを続けるのもありだと思うのですよ。

しかし、制度があるだけで何年も正社員登用実績がない会社は山ほどありますし、実際にアルバイトから正社員登用されるケースはごくわずかです。

『正社員登用あり』という記載は、アルバイトを繋ぎ止めるための餌に過ぎません。

関連:正社員登用制度で注意すべきことは何?紹介予定派遣との比較も

20代のうちに転職を

辛いことを我慢して3年間も続ければ報われるでしょうか?そんなの嘘だと思います。

石の上にも三年という言葉を信じているとあっという間に30歳、35歳の壁がやってきます。

転職の年齢制限に引っかかると、いざ転職しようとしてもなかなか決まらず、今の業界から抜け出せなくなってしまいます。

「あれ?就職先をミスったかな?」

そう思ったら今すぐ転職活動を始めましょう。

20代フリーターにおすすめのエージェント

フリーターから正社員になるために無難かつ確実な方法が『フリーター専門のエージェント』を利用することです。

20代専門で運営しているエージェントはいくつもありますが、その中でも

  • 面接対策・書類対策の評価が高い
  • 紹介する企業へ訪問調査を行いブラック企業を排除している
  • フリーターの就職支援実績が豊富

これらの条件を満たしている人気の3社を紹介します。

就職shop

就職shopはリクルートが運営するフリーター向けのエージェントです。

書類選考なしで面接へすすめる求人も多いため、履歴書対策に悩まされる心配もありません。学歴や資格ではなく、人柄や意欲を評価する企業を紹介してくれます。

営業は全体の約4割で、事務や企画、技術系の職種など、幅広い求人があります。

ハタラクティブ

利用する人の9割が20代、そのうち半数は正社員経験なしという20代フリーター専門の人材紹介会社です。

対応エリアは首都圏のみ(東京・神奈川・埼玉・千葉)ですが、それだけに企業との繋がりも強く、ハタラクティブにしか求人を出していない企業も多いです。

1,000件以上ある未経験OKの求人のなかで9割は社内研修があるので、仕事への不安がある人でも安心して長く続けられます。

様々な職種を扱っており、営業職は求人全体の3割です。営業以外の職種(事務職や広報など)を探している方におすすめです。

いい就職.com

いい就職.comは日本で初めて既卒者や第二新卒者に特化したエージェントです。 就職個別相談はもちろん、自己アピールセミナー・ビジネスマナーセミナーなどを無料で受講することができます。

-第二新卒の就職

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2017 All Rights Reserved.