石の上にも三年?3年以内に辞めると転職が不利になる説は嘘

更新日:

『石の上にも三年』って昔から本当によく言われる言葉ですよね。

冷たい石の上でも3年も座っていれば温かくなることから転じて、『辛いことでも我慢して続けていれば報われる』という意味です。

会社で働くことも三年間が一つの目安とされているので「とりあえず3年続ける」「3年は我慢する」と言ってる会社員は沢山います。

確かに三年は区切りの良い期間ですが、肝心なのはその中身です。「とりあえず3年」という考えで漫然と過ごしても転職時には役に立ちません。年数よりも何をしたかが大切です。

3年以内に辞めると転職が不利になる説

社長も部長も課長も先輩も同期も「石の上にも三年」と言う根拠が『3年以内に辞めると転職が不利になる説』でしょう。

転職を考えた時に最も不安になるのがこれですよね。

結論から言うと、職歴が短いからといって直ちにマイナスに捉えられることはありません。

大切なのは、これから自分がどう進みたいと考えているかです。

「とりあえず3年」と言う人の多くが「3年経ったらどうするか」を考えていません。それに比べれば、早めに見切りを付けて次に進んだ人の方がずっと成長の可能性があります。

そもそも、冷たい石に3年座ったところで冷たい石は冷たい石のままです。

むしろ3年も冷たい石に座っていたら体が壊れてしまいます。石の上に座っていた達磨大師は「手足が腐ってしまった」という強烈なデメリットを抱えて悟りを開いたのです。

慣れたということは、身体の一部が壊れてしまったという可能性が高いんですよ。

給与を上げるのは業界と会社選び

小売や外食業界で何年働いても、業界内の給与相場を出ることはありません。

確かにスキルは身に付くでしょう。しかし、スキルアップしたところで給与が上がるとは限りません。

給与を上げるのはスキルアップではなくて業界選びと会社選びです。

アルバイトから正社員登用を目指す「石の上にも三年」は最悪

正社員登用制度が活発な会社なら、アルバイトを続けるのもありだと思うのですよ。

しかし、制度があるだけで何年も正社員登用実績がない会社は山ほどありますし、実際にアルバイトから正社員登用されるケースはごくわずかです。

『正社員登用あり』という記載は、アルバイトを繋ぎ止めるための餌に過ぎません。

関連:正社員登用制度で注意すべきことは何?紹介予定派遣との比較も

20代のうちに転職を

辛いことを我慢して3年間も続ければ報われるでしょうか?そんなの嘘だと思います。

石の上にも三年という言葉を信じているとあっという間に30歳、35歳の壁がやってきます。

転職の年齢制限に引っかかると、いざ転職しようとしてもなかなか決まらず、今の業界から抜け出せなくなってしまいます。

「あれ?就職先をミスったかな?」

そう思ったら今すぐ転職活動を始めましょう。

まだ就職活動の段取りが決まっていない方に
おすすめしたいサイト

これから就職活動を始めようとしている方、どのように就職活動を勧めるか決まっていない方に、当サイトがおすすめする就職情報サービスを紹介します。

就職活動はどれだけ自分に合った情報に触れられるかが大切です。

まずは求人サイトに登録して求人情報を見つつ、口コミ情報サイトに登録して気になる会社の情報収集をするのがお勧めです。

DODA

業界最大級の求人数を誇るのがDODAです。DODAが抱えている求人の80以上が非公開求人であり、それまでの就職活動では見かけなかった企業を見つけることができます。

相談のみ・セミナーなどのイベント参加のための登録もOKです。キャリアコンサルタントが面接での答えにくい質問の攻略法など、個人個人にあった提案をしてくれます。

>>DODA公式サイトへ

キャリコネ(口コミ情報サイト)

企業発信の情報には「良いこと」しか書いてありません。就職活動で失敗しないためには、リアルな口コミを調べることが大切です。

キャリコネでは「応募理由、応募準備、面接官に質問と回答」などの面接レポートが見られたり、面接では聞きにくい残業時間や休日出勤に関することを調べることができます。

-第二新卒の就職

Copyright© フリーターから正社員を目指す人の就活WEB , 2017 All Rights Reserved.