派遣から正社員へ

派遣社員になる?正社員になる?それぞれのメリットとデメリットを解説

2017/02/25

派遣社員として働いている人の中で5割程度は『あえて派遣社員を選んでいる』という方です。残りの5割は正社員への就職を考えている方ですが、それぞれにメリット・デメリットがあり一概にどちらが良いとは言えません。

また、派遣社員を続けるべきか、正社員として就職するのが良いか迷っている方も多いですね。

この記事では派遣社員と正社員の違いについて考えてみました。

派遣社員・正社員それぞれのメリット

派遣社員の良いところは、『融通の利く働き方をできること』ですね。

自分の希望を派遣会社に申告することで、希望に近い職場で働くことができます。

一方、正社員の良いところは『安定した働き方ができること』です。

毎月の固定給+年間2回のボーナスがあり、昇給や退職金もあります。
住宅ローンなどの審査も通りやすいことから、将来の資金計画が立てやすいです。

長期間働くことを前提にしていますから、企業側がスキルアップのための教育機会(各種セミナーや資格取得制度など)を与えます。

正社員経験は転職にも有利になります。1つの企業に長く勤めたことで得たスキルは、転職する際にも高く評価されやすいです。

派遣社員・正社員それぞれのデメリット

派遣社員のデメリットは『スキルアップできない・収入が不安定』だということです。

派遣は長期間働くことを前提にした契約ではありませんから、スキルアップのための教育機会は与えられません。年齢が上がるにつれて正社員として働き続けた同世代とのスキルの差が大きくなります。

基本的には時給制で働きますし、派遣先の意向で解雇されることもあります。住宅ローンは通りませんし、将来の資金計画を立てるのは難しいです。

正社員のデメリットは『働き方に自由が利かない』ということです。雇用主の決定に従わなければなりませんから、自分の希望に合った業務を行えるとは限りません。また、異動や転勤で各地を転々とすることもあります。

派遣社員・正社員のどちらが良い?

派遣社員・正社員のどちらを選ぶかは安定した働き方か・融通の利く働き方かという点に尽きるでしょう。

どちらも本人のライフスタイルや人生観ありきです。

正社員は安定した雇用ととスキルアップの機会を得られるとはいえ、どうしても会社ありきの人生になりがちです。

その点、派遣社員はやはり自由が効きます。若いうちにしか出来ないことは確実にありますから、自分の都合や目的に合わせて派遣社員として働くという選択肢はアリだと思います。

おすすめの派遣会社

【リクルートスタッフィング】
r-staffing

とりあえず派遣会社に登録するならリクルートスタッフィングをお勧めします。

リクルートは人材会社としての長い実績がありますし、くとにか求人数が豊富でキャリアアドバイザーも優秀です。

一定の条件を満たせばリクルート健康保険組合への加入ができるなど、リクルートグループらしい手厚い福利厚生が受けられます。

>>リクルートスタッフィング公式サイトへ

ハタラクティブハケン

ハタラクティブハケンは就職支援サービスの「ハタラクティブ」で行っているキャリアカウンセリングと同じ内容のカウンセリングを受けることができます。

ビジネススキルアップ研修やAOスキルアップ研修を実地しており、利用者の約82%が派遣から正社員になっています。

関東限定となりますが、今よりもスキルアップしたいと考える方にお勧めです。

>>ハタラクティブハケン公式サイトへ

正社員になるためには人材紹介会社を

【ハタラクティブ】

利用する人の9割が20代、そのうち半数は正社員経験なしという20代フリーター専門の人材紹介会社です。

未経験OKの求人を1,000件以上抱えています。

東京の渋谷ヒカリエか立川の事業所へ訪問できる方のみが対象です。

>>ハタラクティブ公式サイトへ

【JAIC(ジェイック)】

20代のフリーターを専門としている人材紹介会社の中でも、営業の仕事に強いのがJAICの特徴です。ハタラクティブが東京限定なのに対してジェイックは関東・東海・関西エリアで展開しています。

経歴不問・社会人経験なしでも正社員になれるという触れ込みの通り、営業研修をしっかりと受けられる「ジェイック営業カレッジ」の指導は本格的でハードな内容です。研修が辛くて諦めてしまうという方もいらっしゃいます。

強い決意で臨む方にはためになる研修ですが、軽い気持ちで参加するのは止めておいた方が良いでしょう。

>>JAIC(ジェイック)公式サイトへ

-派遣から正社員へ